SMOOTH VIP

4月から施行される改正健康増進法2020.03.13

健康増進法が改正され、4月よりそれが全面施行となります。
スムースビップの愛好家の皆様の中には、
タバコもあわせて嗜んでいる方がおられると思いますので、
その情報を記載しておきます。
どうかご参考にしてください。

飲食店は原則全面禁煙

 2020年4月から原則屋内禁煙となります。
ただ、一定条件を満たすことで以下の場合があります。

2020年4月1日以降の新規店の場合(他詳細規定あり)

・喫煙専用室を設置することが可能(飲食不可)
・加熱式たばこ専用喫煙室を設置することが可能(飲食可)
・加熱式たばこ専用喫煙フロアの設置が可能(飲食可)

既存店舗の場合

・経過措置として、全席喫煙やエリア分煙等を継続することもできます

また、喫煙を主目的とするバー・スナック等は全席喫煙やエリア分煙等を継続することができます。

オフィスや商業施設でも原則屋内禁煙

2020年4月から原則屋内禁煙となりました。
ただ、一定条件を満たすことで以下の対応が可能です。

・屋内に喫煙専用室を設置することが可能
・屋内に加熱式たばこ専用喫煙室を設置することが可能
・屋外に喫煙所を設置することが可能

改正健康増進法についての詳細リンク

東京都の場合はさらに厳格

東京都内では同じ4月、さらに厳しい受動喫煙防止条例も全面施行されます。
これによって、学校や病院、行政機関の他、オフィスや飲食店などその他の施設にも規制の対象が広がります。
また、国の改正健康増進法だと、飲食店の面積などによって対応に差があったり、経過措置があったりしますが、
都条例の場合それがありません。

飲食店の面積に関係なく、従業員を1人でも雇っている店は原則禁煙となる。都内の飲食店の約84%(約13万軒)が該当し、国の規制対象を大きく上回る。

禁煙以外の施設では「喫煙可能店」「喫煙専用室あり」などの掲示が義務づけられることになるので、そういった掲示などに注意をする必要がありそうです。

東京都の条例についての詳細リンク