加熱式タバコ・電子タバコとの違い

電子ベイプは、加熱式タバコ・電子タバコととてもよく似ています。
しかし、決定的に違うことがあります。
それは
加熱式タバコ・電子タバコは「タバコである」ということ。
そして、
電子ベイプは「タバコではない」ということです。

加熱式タバコで使われる「ヒートスティック」と呼ばれるものは、「火を灯して吸わない」ものの、実態は「短く切ったタバコ」そのものです。なので、「アイコス」「グロー」「プルームテック」といった加熱式タバコは、「タバコ」ですから、税金がかかっています。

それと比べ、電子ベイプは、その原材料に1ミリもタバコを使っていません。そして、吸うと発生するのは「煙」ではなく「蒸気」です。いろいろなフレーバーを味わえる蒸気発生器ともいえますが、通常のアロマ機器と異なるのは、「蒸気」でありながら、その吸い心地が巧みに研究されているということです。なので喫煙経験者も「擬似的な煙」としての一服体験ができるのです。

ニコチン入りのリキッドはないの?
と、いう声も耳にしますが、ニコチンを含んだリキッドの販売は日本では禁じられています。なので、通常の購買で入手できる電子ベイプにはニコチンは含まれていません。

リキッドの材料はなに?
電子ベイプ用のリキッドの材料は、多くの場合、プロピレングリコール(PG)と、植物性グリセリン(VG)が主な成分になります。プロピレングリコール(PG)は食品や医薬品、化粧品などに幅広く使われており、蒸気を吸引する喘息呼吸器(アルブテロール)の主成分ともなっています。また、植物性グリセリン(VG)は食品添加物として幅広く使われるものです。それに蒸留水なども加える場合もありますが、多くは、メンソールやフルーツなどをシミュレートしたフレーバーが添えられます。

 

関連記事

  1. 電子ベイプとは

  2. 電子ベイプはどこで吸えるの?